森のカモメ

森に迷い込んだカモメが海を捨て森に住み、そこから色々なお便りを伝えます。

蕗の薹と共に(目覚めるバカ女)Vol.1

カフェをやってみたいと思ったきっかけは

山菜と出会った事。

毎日ほぼ外食で、料理もほぼした事が無かった。

した事がないけれど、なぜかできた不思議。

入れる調味料も、ほぼわかる。

きっとこれは幼いころから母の料理を見たり、手伝ったおかげかな。

ただ、昔はお手伝いさんを雇えるような生活がしたいとか

週一は絶対外食。とか思っていた。

けれど、結婚を機に色々めまぐるしく変わった。

休日の過ごし方はショッピングだった私。用事が無くても街を徘徊

ウインドーショッピングに明け暮れ、消費し

物を粗末にしてきた数十年。服はボタンが取れたら買い換えるという生活
(裁縫ができないw)

今考えると、贅沢で怠惰な生活。

結婚した時も実は変わらず、家電や住むところは

それなりにいい所で、全部何からなにまで買ってもらうのが当たり前。

それでも自分では、贅沢してるなんて一つも思わなかった。結婚して直ぐの春

たまたま蕗の薹の話になり、『食べたいなぁ~♡』←完全に料理屋に連れて行けビームのバカ女。

山菜の天ぷらなどは、外食で食べるもの。とずっと思っていた。

だんはんが、『じゃ、採りに行けばいいじゃん』

はい?この人何を言ってんですか?って状態でした。私も田舎育ちではあります

大都会になんて住んでませんが、山菜など採ったことが無かったのです。

ここから私の思考は変わって行ったのでした。

 

早速日曜日。

園芸用のスコップと、軍手を購入。

アウトドア用の?格好でお出掛け。

住んでいる街から、1時間半の海岸沿いへ。雪がないので

きっとあるだろうという、だんはんの判断は正しく、山の田んぼ脇などに

ポコポコ頭を出した蕗の薹ちゃんが。

『うわ~本当にある!すごいなぁ~』と感動。

まだ、春遠い時期、鼻の頭を真っ赤にして

土をむさぼり、蕗の薹を掘り掘りする、毛皮大好き、宝石大好き

贅沢大好きなわたしが、山菜採りと料理に目覚め、毛皮からヤッケに。宝石から鉈や、ナイフにと、思考と嗜好が変わる瞬間でもありました。

f:id:sakurakuri20160103:20160111103659j:plain

 蕗の薹の主な栄養価

カリウムが豊富

塩分などを排泄する、血圧抑制やむくみなど取る作用もありますが
キュウリと変わらんがw

春の苦み

苦みはアルカノイドで肝機能や新陳代謝を促す作用も期待できる。

香り成分

独特の香りはフキノリド

胃腸の働きを良くする効果もあると言われ

食欲のないときに。

香りの作用って、抑制はグレープフルーツ

など、有名ですよね。

個人的な見解

沢山食べすぎるとムカムカしますw

でもお通じはすごく良くなりました。

冬の間の老廃物が出てくれる感じがしました。

森に住む熊さんたちも水芭蕉の花を食べて冬眠中にたまった糞をするように

人間もそういった生理現象があっても不思議ではないですよね。

f:id:sakurakuri20160103:20160111105408j:plain

沢山採れて嬉しかったけれど

天ぷらしか思い浮かばない、山菜初心者。

次回はお料理編に続く。

f:id:sakurakuri20160103:20160111105758j:plain