森のカモメ

森に迷い込んだカモメが海を捨て森に住み、そこから色々なお便りを伝えます。

消えた蕎麦屋

よく行っていたお蕎麦屋さんが、無くなってしまった。

そこは人里離れた山の中にあって、ビニールハウスで営業していた。
 
数年蕎麦と言えばそこに通っていた。
でも。跡形も無くなっていた。
移転したのか?潰れたのか?
探したけれど見つからない。
情報がない。電話も無い蕎麦屋だったのだ。
ある意味凄い、狐につままれたような蕎麦屋。わたし。
化かされてたのかもしれない。店主は一度も見た事が無い。
頭に木の葉乗っけてたのかな?
 
暫くは、蕎麦を我慢した。
でも食べたい。
さぁ?どうする?
気にいる蕎麦屋を探すた旅に出るのか?
それとも自分で打つという、無謀の旅に出るしか無いのか?
 
答えは自分が狐の店主になる事だった。
ネットで、蕎麦打ちセットを買った。
結構高かった。
最近はYouTubeでいくらでも蕎麦の打ち方が探せる。買った蕎麦打ちセットにも、打ち方が書いてあった。
なのに最初に打ったのは、うどん
蕎麦打ちセットの蕎麦の打ち方の裏に、うどんの打ち方が書いてあった。
つい、本流に行かない変な癖が。
 
いや、なんか怖かったのかもしれない。蕎麦打ちは、難しいと言うのが頭の中を占めていた。だから、ついつい躊躇してしまったのだ。
 
うどん。美味しくできてしまった。
初めてだけど、美味しい。
 
これで自信が付いた。
なぜか、うどんが打てた事が嬉しかった。
さて、本番。パンを捏ねていたのと陶芸もやっていたので何気にスルスルと菊練り、角出しはスルスルとできた。
けれど、蕎麦を伸ばすことが難しい。
四角くならない。
YouTubeを見ながら、なんとか伸ばすも
時間が経って、乾き気味。
焦る焦る。なんとか伸ばし終わり、切ることに。
これも、コツがいるのだけれど、とりあえず。切った。

f:id:sakurakuri20160103:20160121212810j:plain

 
ここでもう、かなりの脱力。
最後の力を振り絞って、茹でた。
 
イカのような蕎麦が出来た。
 
ブツブツに切れた。
すすれないw
ズルズルと、いかない。
ご飯のように、モグモグと食べた。
そば粉が美味しかったので、イカのような蕎麦も味は良かった。
 
数十回打ってコツを掴み

f:id:sakurakuri20160103:20160121212011j:plain

それなりのお蕎麦ができるようになった。
人間やれば出来る。

f:id:sakurakuri20160103:20160121213425j:plain

でも、やっぱりプロの域には行かないもの。
生まれ変わったら蕎麦屋の子供に生まれたい。
それくらいお蕎麦が好き。
 
またあのお気に入りの狐の蕎麦屋さんが、何処かで営業しているかもしれない。
あなたの街で。
 そう思うと寂しく無い。
 
 

そんなとこで生活して大変じゃないですか?

はい。大変ですよ。
でもね。
大変以上の、素晴らしい事もあるわけです。
でも。
大変でしょうと言われれば
『もうね~、ほんと大変ですよ、熊は出るわ、雪に埋もれるわ、通勤時間は掛かるわ、買い物?何かあっても買いに行くまで車で数十分掛かるんですよ!!』

って言います。

本当のことだし。

憧れないほうが、楽だと思うの。

f:id:sakurakuri20160103:20160120145238j:plain

住んでる所

住もうと思った大きな欅の木

とても大きい。
大好きな木
この木が無かったら
ここは買わなかったな。

f:id:sakurakuri20160103:20160120145258j:plain

 

f:id:sakurakuri20160103:20160120145310j:plain

私は、森で苔になりたい。
美しくて厳しい冬。
ここに住んだから、冬が好きになった。
野ウサギと同じ空気を吸って。
吐いて、野良ネコのように小さな小屋で寝息を立てるの
そして逞しく生きるの。

f:id:sakurakuri20160103:20160120145452j:plain

 

生活の野生

 

f:id:sakurakuri20160103:20160117215157j:plain

毎日様々な音の中で生活をしている。

給湯器のピッっていう音

携帯の音

パソコンの音

炊飯器の炊けたよというメロディ

洗濯機の洗うよ♪メロディ

洗い終わったよ♪メロディ

本当にウザイ。

 

携帯は全てアラーム以外OFF

パソコンはスピーカーは付けていない。

安全のため、便利のため、色んな工夫で

この音たちは有るのだけれどね。

 

とっても、私にはウザったらしい。

電話も、いつもOFF。

こちらから掛け直す。

いつも叱られるけれど、音に支配されるのがとても苦手なのかと思う。

スマホの良いところは相手が分かる。

手が空いてなければ、後で掛け直す。出たくなければ出ない選択が出来る。

緊急だと感じる時、電話が鳴る前に分かる時もある。

そうでは無い時が多いけれど、大概はたいした用事では無い。

普段の生活で、緊急なんてそれほど無い。

親が危篤だとかで、電話が鳴っても気が付かなくても

仕方の無い事。と、思っている。後悔はするだろうけれど。

私の親なら、多分わかってくれる。友達も。

  

f:id:sakurakuri20160103:20160117215417j:plain

朝、炊飯器のご飯の炊きはじめの、シュシュシュは好き。

薪ストーブのパチパチ好き。

パンの焼ける香りが好き。

五感が働きにくい、六感を生み出さない今の生活が

自分の野生を、生き抜く力を奪っていくようで不安になる。

ピッという音が不快で仕方ない

雪の積もる音で、明日の起きる時間を早くしよう。

鳥の鳴き声で4時かなと感じ、二度寝する。

自分が森の動物達や森を渡る風のように。

そんな風に暮らすには、今はまだ難しい。

けれど、私にはとても必要な暮らし。

家電メーカーさん、音を消せるようなスイッチ付けてくれないかなぁ。

切実なお願い。

 

 

蕗の薹と共に(目覚めるバカ女)Vol.3

少しずつではありますが

ブログを書く。という行動に慣れてきましたでしょうか?
書き続けると言う事の

大切さ、しみじみ・・・まだ1週間位ですが。

さて、私の住む山小屋はまだ冬真っ盛り。全く春になる気配はございませんが、

雪のない所では、リアルに

蕗の薹を召し上がっている記事もありましたので

まだ、蕗の薹を引っ張ってみようと思います。

今日は、蕗味噌

この蕗味噌、とっても万能で。長く楽しめますので

どうぞ、良かったら作って見て下さい。

レシピ起こしは、していないので

分量などありません。友達からは【目分量先生】と言われています。

お好みで良いのですけど、必要ですか?レシピ??

と、問いかけてみる。

蕗の薹味噌】

蕗の薹を洗い、ザクザク切ります。

あまり細かくなくてもいいです。

f:id:sakurakuri20160103:20160115082154j:plain

沢山切ってください。

炒めたりすると、量が減りますので。

f:id:sakurakuri20160103:20160115082249j:plain

さっと茹でます。色が変わるくらいでOK

山菜に慣れたら、この工程は省いても良いです。

万人受けはマイルドの方が多分いいので、こちらを紹介します。

湯がいたら、少し水にさらし、水気を取って中火で炒めていきます。

f:id:sakurakuri20160103:20160115082453j:plain

調味料

サラダ油(適量)

砂糖(好きなだけ)

みりん(お好みで)

お酒 (適量)

味噌(割と入れます)

ごま油(ちょぴっと)

甘じょっぱい感じに仕上げます。多めに作って小分けにし、冷凍もできます。
おにぎりや、鳥の味噌焼き、鱈など白身のお魚のソースにと

春は活躍致します。

f:id:sakurakuri20160103:20160115083741j:plain

 

蕗の薹と共に(目覚めるバカ女)Vol.2

蕗の薹と共に山菜に目覚めまして

もちろん時を同じくして

料理にも目覚めたわけですが

山菜料理って、基本天ぷらですよね。

後はお浸し。

地味目が多いですが、シンプルに頂いたほうが

野趣あふれる、味や歯ごたえが味わえる

ちょっとえぐみも消えるので、初心者さんや

敬遠される方にはとってもいい料理法です。

蕗の薹の天ぷらは苦みがありますので、食べやすくするために
お花の部分を取って、てんぷらにしても良いです。

とてもマイルドになります。

 

蕗の薹の天ぷら】

下の硬い部分は、包丁で切り落とします。

f:id:sakurakuri20160103:20160114140226j:plain

汚れた葉っぱなど取り除きます

f:id:sakurakuri20160103:20160114140301j:plain



蕾をぺろんとめくるとお花が出てきます。

f:id:sakurakuri20160103:20160114135706j:plain

 それを、包丁で落とします。

f:id:sakurakuri20160103:20160114135852j:plain

このままお花のような形で
天ぷらにすると、火も通りやすく
えぐみも抑えられたふきのとうの天ぷらになります。
わたしはそのまま、揚げますが、どうしても苦手な方には
おススメいたします。

また、ひき肉などの肉詰めも美味です。
色々載せたいのですが画像がないのでまた次回にご紹介します。

まさかブログなんてやろうなんて思っていないので
写真がいまいちです。今年はちゃんと撮ろうかな。
一応春に向けて、予習という事で。

f:id:sakurakuri20160103:20160114141006j:plain

お塩で頂きます。

 

ネコの居候さんと、野良ネコ

うちにはときどき

居候が来る。

2日間は姿を見せず

 

3日目ごろ突然足元にごろん・・・・

キッチンに立ってるとやってくる。

キッチンのラグと同じ色のモフモフ。

ラグもモフモフ。

非常に・・・・踏みやすい感じにいらっしゃる。

f:id:sakurakuri20160103:20160111151037j:plain

もう年間2週間以上居候しているのに。いつも数日こんな感じ。

いいかげん慣れて頂いてもいいのだけれど。

だんはんには

シャーシャー!!言いまくり。

とにかく姿を見せるとごろん。ごろん。私は猫派であるが

だんはんは、わんこ派。

f:id:sakurakuri20160103:20160111151636j:plain

父が、飼っているぬこさんだけど、泊りなどある時はここに預けていく。

慣れてくると

 

途端にこのありさま・・・・・

f:id:sakurakuri20160103:20160111151758j:plain

モフれ♪って事かしら?


だんはんはそういう図々しいのがお嫌いw

わたしは、わんこの従順な感じが重い。w好きだしかわいいけれどね。

 

姿は見えないけれど、山小屋下の物置に野良ちゃんもいます。

毎年、入れ替わり立ち代わり、新しいネコさんがどこかに隠れています。

なぜ分かるかといえば、冬は雪が降るので足跡が残るので

『ああ、今年もきてるね』と言う

だんはんとの、会話になるわけ。

わんこのご飯の袋が破られるので、いつもお茶碗とお水を用意して

置いておきます。

次の日にはちゃんと無くなっています。

本当は捕まえて、避妊してあげたいのだけれど、中々姿を見せないし、

懐く前に春になっちゃう。

特に邪魔にもならず、小屋のネズミの番人を勝手に任命。

春まで、ゆっくりして行って。

特に良くもしてはあげられないけれど

ご飯とお水はどうぞ。

そう言えば、去年は春に居なくなる前にネズミさん置いてあったな。

今年は遠慮しとくよ。

 

 

 

蕗の薹と共に(目覚めるバカ女)Vol.1

カフェをやってみたいと思ったきっかけは

山菜と出会った事。

毎日ほぼ外食で、料理もほぼした事が無かった。

した事がないけれど、なぜかできた不思議。

入れる調味料も、ほぼわかる。

きっとこれは幼いころから母の料理を見たり、手伝ったおかげかな。

ただ、昔はお手伝いさんを雇えるような生活がしたいとか

週一は絶対外食。とか思っていた。

けれど、結婚を機に色々めまぐるしく変わった。

休日の過ごし方はショッピングだった私。用事が無くても街を徘徊

ウインドーショッピングに明け暮れ、消費し

物を粗末にしてきた数十年。服はボタンが取れたら買い換えるという生活
(裁縫ができないw)

今考えると、贅沢で怠惰な生活。

結婚した時も実は変わらず、家電や住むところは

それなりにいい所で、全部何からなにまで買ってもらうのが当たり前。

それでも自分では、贅沢してるなんて一つも思わなかった。結婚して直ぐの春

たまたま蕗の薹の話になり、『食べたいなぁ~♡』←完全に料理屋に連れて行けビームのバカ女。

山菜の天ぷらなどは、外食で食べるもの。とずっと思っていた。

だんはんが、『じゃ、採りに行けばいいじゃん』

はい?この人何を言ってんですか?って状態でした。私も田舎育ちではあります

大都会になんて住んでませんが、山菜など採ったことが無かったのです。

ここから私の思考は変わって行ったのでした。

 

早速日曜日。

園芸用のスコップと、軍手を購入。

アウトドア用の?格好でお出掛け。

住んでいる街から、1時間半の海岸沿いへ。雪がないので

きっとあるだろうという、だんはんの判断は正しく、山の田んぼ脇などに

ポコポコ頭を出した蕗の薹ちゃんが。

『うわ~本当にある!すごいなぁ~』と感動。

まだ、春遠い時期、鼻の頭を真っ赤にして

土をむさぼり、蕗の薹を掘り掘りする、毛皮大好き、宝石大好き

贅沢大好きなわたしが、山菜採りと料理に目覚め、毛皮からヤッケに。宝石から鉈や、ナイフにと、思考と嗜好が変わる瞬間でもありました。

f:id:sakurakuri20160103:20160111103659j:plain

 蕗の薹の主な栄養価

カリウムが豊富

塩分などを排泄する、血圧抑制やむくみなど取る作用もありますが
キュウリと変わらんがw

春の苦み

苦みはアルカノイドで肝機能や新陳代謝を促す作用も期待できる。

香り成分

独特の香りはフキノリド

胃腸の働きを良くする効果もあると言われ

食欲のないときに。

香りの作用って、抑制はグレープフルーツ

など、有名ですよね。

個人的な見解

沢山食べすぎるとムカムカしますw

でもお通じはすごく良くなりました。

冬の間の老廃物が出てくれる感じがしました。

森に住む熊さんたちも水芭蕉の花を食べて冬眠中にたまった糞をするように

人間もそういった生理現象があっても不思議ではないですよね。

f:id:sakurakuri20160103:20160111105408j:plain

沢山採れて嬉しかったけれど

天ぷらしか思い浮かばない、山菜初心者。

次回はお料理編に続く。

f:id:sakurakuri20160103:20160111105758j:plain